d0038841_21554254.jpg

切なさに翳む胸

遠くから来る別れ

静かな朝の





制服のスカーフを
きつく結び


泣き笑いしながら
飛び立つ小鳥を


見送る人達の
あたたかな
まなざし







さようなら
さようなら


次の空はここよりも


高くて広い
空ですか

[PR]
d0038841_15232728.jpg



花の行方を
風に問う


いのちの行方を
空に問う


今日の行方を
宵に問い


哀しい胸を
黙らせる




白紙の答えを握り締め
ひとは
どうして行くのだろう



ちいさな人がするように
小首を傾げて
すがる目で
[PR]
d0038841_0381269.jpg


ゆるり

ゆらり

ゆらめく




ゆらら

ゆるら


ゆれてる





ゆるるららら

光が



君を
なでる


君に
とける





そして
君は

ゆるやかに




ゆるり

ゆらら



春を
こぐ

[PR]

d0038841_22121032.jpg


私が夢に見ていたものを
あなたは持っていました


だから私は
あなたになりたい

そう思いました



けれどここが重要なところ


私は私のままで
あなたになりたかったのです







あなたになった私は
私ではなくなる


私を捨て切れなかった私は
そのかわり

夢を見ることを
やめてしまいました






けれど
夢をあきらめた私こそ

もう私では
ありません







私でも
あなたでもない誰かが


今日も窓辺で
ひとり
詩を書いています

[PR]



陽だまりに背を丸め
あの人が新聞を読んでいた

埃舞う 窓越しの景色は
水彩画の淡い冬


あの人の背中に降り積もる
見えないあれはなんだろう


あの人の頭に
ぽつりぽつり混ざり始めた
銀色の髪の毛を
私はぼんやりと見つめている


寄り添って
背中におでこをくっつけても
あの人は微動だにせず

あたたかな体温だけが
やっとのことで物語る時の流れ




「ごめんね いままで」

ふいに涙ぐみそうになって
零れた言葉に
あの人は
「くふん」と鼻を鳴らした




「ありがとう」 は出てこなかった


ただ
夫とふたり
とけていたいと思う
冬の陽だまり
[PR]


そして恋は

もう そこにはなく

泣くことをやめて

海へと帰る





d0038841_2274615.gif

[PR]

d0038841_1264697.jpg


からっぽ
すかすか
この頭

なのにまた
痛むんだよう


きりきり
ぽくぽく
じんじんと
坊さんのお経みたいに
真冬の夜半のおしっこみたいに
終わりが見えずに
痛むんだよう






さっき白い錠剤を
乾いた喉に押し込んだ

じりじり
時計の長針は
少しも前に進まない



たぶんね
ネジを
巻かれたの

ぎりりぎりりと
誰かから

そうすりゃあ少しは
ぽんこつの
首から上の飾り物
もう
飾りにもなりゃしない
このでくーが
でくーの頭が
ちったぁましになるかもと
思ったのかもしれないねぇ





あああ
痛いよう
すかすかの
からからが
きりきりで
じんじんだよう



錠剤は
じゅわじゅわ溶けて
今いずこ
体のどこらを巡ってる?



あたしゃ人より
血の巡り
ぼんやりどろどろ
悪いんだ


あたまいたのところまで
なかなか
たどりつかないよぉ







マジ話・・・・即興でつくりまひた。

薬、ようやく効いてきましたよう><。

[PR]


わたしたちは握り締めている
ひとつの小さな鍵を

d0038841_964163.jpg


季節が
秩序正しくめぐりくることの不思議

古い時間は追いやられるのではなく
新しい時間に組みこまれていくということ

空はめまぐるしく形を変え
未来はどの空間からも湧き出てくる



わたしたちは握り締めてきた
生まれる前から

世界中の秘密や
すべての不思議を解くその鍵を



時折
美しい目をした子供たちが
手を伸ばしている


はるかな視線の先に並ぶ
その鍵穴をめざす足音が
今日もまた
わたしをゆっくりと
追い越していった

[PR]


きりり からら ころろ
心が鳴る音

冬の風に吹かれて
転がっていく空


d0038841_15578.jpg




しゃんとしよう
襟を正して

きゅっと力をこめる
手足の先端


体の中を血が
ざざぁん と かけめぐり


もう動じることはない


あとは静かな
いつもの冬の孤島

[PR]

d0038841_347155.jpg


子宮の奥の空洞は
確かにそこに存在はしているのでしょうが
私にはどうにも
架空のもののように思えてなりません


(時折呻くような声が聞こえてくる
大地が咽ているように思える
雷鳴が唸るようであり
無数の甲虫が蠢くようでもある)



体中のが煮えたぎるので
私は大きく口を開け
冷たい風を送りこもうと喘ぐのです


沸沸と滾る
熟し過ぎて腐った
果実のような匂いがします




深部からマグマ
音を立てながら
逃げ場所を求めて滲み出してくる
赤く黒く まだらに光るそれは
まるで私の内側に巣食っていた夕暮れ
じっとりと溶け出して
私は内部から
徐々に焼き殺されてゆく


耐えかねた私は
この実在する架空の場所に
死んでしまって冷たくなった満月
放りこんで眠りたい




貪りたいのです
数億光年の眠りを
膨張する未来を遮る
冬の夜のような静寂を


混沌の沈む空洞に
ひっそりと
ひとり










なんだか、ぐしゃぐしゃしたものを書きたかったのでしょう。

[PR]

その日

傷ついた夜空が
遠い宇宙にもたれて
泣きじゃくり


その日
生まれてきた星には
まだ名前もなく


その日
空き地の片隅で 
いちばん星を見つけた仔猫が
小さく鳴いた




その日
夜空は泣きつかれて眠り


その日
生まれたての星は
うれしさに眠れず


その日
仔猫は銀河に遊ぶ夢を見た





みんな ひとりぼっちだったけれど
みんな とても良い子だったよ



d0038841_19331975.gif

[PR]

やわらかな
マシュマロみたいなほっぺたを

ふわりさらさら
そよ風が
はにかむようになでていく

午後の日差しに見つめられ
産毛が黄金(こがね)に光ってる



あかちゃん
あかちゃん

もういちど
私に抱かせてくださいな


胸の奥からこみ上げる
切ない甘さはなんでしょう


あかちゃん
あかちゃん
そのまんま

おおきくならなきゃ
いいのにね


おおきくなって
ほしいけど


おおきくならなきゃ
いいのにねぇ
[PR]

さよならと言って
駆け下りた階段を
オレンジ色の夕陽が
包んでいた放課後

君の足音が追いかけてくる事を
ドキドキしながら
本当は待っていた


素直じゃなかったね
ウソばかりついていたよ



物語は
ハッピーエンドにはならなかった

そう言う終わり方があってもいいなんて
思わなかったの
あの頃の私は





d0038841_2329020.jpg

[PR]

d0038841_23251361.jpg



日々を問わず
降り積もる悲しみは

雪のように白くはなく
その色はどちらかというと
限りない群青に暮れていると
私は思う


夜が目を覚ます直前の
あの寂寥感は
一瞬にして肩から滑り落ちてゆく

その時あたりを染める
その色が群青



群青色の悲しみは
永くとどまることはない
朝になれば消えるのだ
あらかたとけてしまうのだ


けれど足元に積み重なる
残雪にも似た群青(かなしみ)は
硬く硬く 踏み固められて
人の歩みを少しずつ
遅くしたりもするのだな

[PR]
d0038841_23345019.jpg


生まれたての今日が
呼吸を始める



祝福はいらない


静かに
ひとり
また口を漱ごう
[PR]

sky

d0038841_1485178.jpg



遠くになれば
小さく見える

遠くなるまで
そっと見送る




見えなくなってしまえば
それは もう
なかったこと



忘れられるよね
今なら

きっと











photo-material ミントBlue
[PR]


d0038841_224014.jpg




今朝からの雨が
窓の外の景色を遠くへだて

私は取り残されたように
コーヒーを飲んでいる



捨てなければならないものと
残しておくべきものと
どうやって分けましょう



考えることには
もう疲れてしまったので

船酔いみたいに座り込んで
左手で
太陽の形を懐かしむ






ぬるくなって
不味いコーヒー



この雨は
永遠にやまない
[PR]


震える大地を抱きしめて
私は眠ろう


秋は油断していると
すぐに両手をすり抜けて
また遠く
旅立とうとするから




大切にしているものほど
失いやすいのだという



それならばいっそ
自分から
手放してしまおうか



この季節に吹く風も
この季節に降る空も


さっぱりと
きっぱりと


ほんとうの場所に
返してしまおう












降ってきた詩・・・未完成
[PR]

こおろぎが急かしている
秋を急かしている


せめて
逝くときはご一緒したいのだと


こおろぎは願っている
震えながら願っている



やがて沈黙の底深く
その羽根を埋める日まで






こおろぎは急かしている
秋を急かしている


遺言を残す間も
与えてはくれぬまま
[PR]


私の声が
ちいさく砕けて
あなたに吸いこまれていく


いたたまれなくなって
立ち上がると
あたためられた椅子が
さみしく鳴った


さようならの午後の空は
ぽっかりと青く
笑っちゃうぐらい穏やか



電車に乗って
おうちに帰り

電気を消して



命のかわりに
空を絶ったよ












遠い昔に書きかけた詩を、少しお直ししました。
あおくさい。
[PR]


母になった日

神様の手の中で
私もまた神になる


混沌を宿して
はぐくみ
それから世界に
光を与えた




世界は少しずつ
私の手から遠くなる

また別の世界と手をつなぎ
さらに広がっていこうとしている




私はいつしか人へと帰り
役目を終えて
眠るだろう

微笑みながら
世界を眺め
静かにその目を
閉じるだろう



広がり続ける
世界の果てで
私はちいさな
森になりたい


d0038841_22291421.jpg
[PR]

ここまで生きてくると
なんだかもう
ひとつひとつの季節が
なつかしい友達のようで


ぽんぽんと肩を叩いて
親しげに話し掛けたりする



風にくるまり降ってきた 
たくさんの秋に
今日もまた 
近況などを訊いてみた
[PR]


神様の吐息が
まざりあう朝の色


今日もまた
祝福の中
どこかで小さな命が生まれ


あるいはまた
知らないどこかで
誰かが天に召されていくのか



こもごもの想いがとりこまれ
やがて
今日という日も少しずつ
人々の祈りの色に
染め直されていくだろう




少しずつ明るくなる空に
神様の姿は見つけられなかった






また
一日がはじまる
[PR]

ちいさな ちいさな
砂糖菓子のような花だけど


その香りは
十月の庭を支配しているの
[PR]


遠くにあるのに
なつかしい
空に浮かんだ
白い月

薄荷ドロップのかけらのような
うすくて甘い
昼の月



静かにかりりとかじったら
私は空になれますか


ペパーミントの風が吹く
やさしい空に
なれますか



[PR]

という字はに似ている
恋から心を取り除いたら 変になっちゃう。



・・・この漢字を、合体させてもになる。

どういう風?
むなしいわ。


にもにも心があるけど、
に心はないのよね。

劣性遺伝ってかんじ。
[PR]

二人の間をかち割って、真っ二つにする。

そうして やって来る未来


二人のままでいると 未来はない。

・・・・夫への愛が冷めた私が、最近しきりに考えること。






と言う字はにもなるが
という字はにはならない。

女=母であるが
男=父とは、必ずしも限らないということ。



またまた朝っぱらからくだらないことばっか・・・。
[PR]

という文字


一本の棒の下に
タヒ

タヒってなんだろう?

辞書で調べてみたけれど
タヒなんて言葉は
のってないようだ。



けれどネットで調べたら
モンゴルにタヒと呼ばれる野生馬がいることを知った


ふぅーん。


「野生の馬に鞍を乗っけたら
死んじゃった」


そんなくだらないことを思った。




それにしても、つくづく奇妙で不思議な字だ



字面だけ見ても意味が判らない。



誰もが思うことだろうが、
という字に似てなくも無い。

死も夜も暗い。

でも夜は永遠には続かない。
この地球上では。


さらにもっとよく似ているという字は、
死という文字が少し色気づいた感じに見える。

苑はガーデン

そういわれてみれば、
天国のような庭園が浮かんでくる。



だとしたらという字も死に見えなくも無いよね。
遠い親戚のような感じ?

死と花

葬式や墓参りにも、花はやっぱり欠かせないものだ。




さらにネットで調べてみると、こんな解説を発見した。

漢字の「死」という字、上に「棒」があって、「タ」のような字があります。これは『肉を削ぎ落とした後の骨である』ということを表し、「ヒ」のような字はひざまづいている人間がいることの象徴であります。

なるほど。
タは骨で、ヒはひざまづく人の姿か


頭の上に棒が引いてあるのは、そこから天上界と下界を区別しているということかしら?


それとも死はタブーだということで、ふたをしちゃってるってことかしら?




眠れない夜に、時々
色々なことを考える。

こんな風に中途半端で、
どうしようもなく、くだらないこと。
[PR]


夜をゆく
砂時計


虫たちの求愛
けものたちの鼾
風のそらうた
草木の歯軋り


しきつめられた息吹の合間をぬって
さらさらとゆく
砂時計



起きているのは
月とそれから
夢に溺れる
さみしい人々



夜をゆく
砂時計


あいまいに落ちていった時間も
ひっくり返せばまた
新しい今日を運び
新しい夜を運ぶだろう


それもようしゃなく
永遠に
[PR]

もしも明日
すべてのいのちが
遠く
消えてしまうとしたら


空も海も
山も風も
みんな
死んでしまうとしたら



誰が泣いてくれるでしょうか?
お葬式などどうしましょうか?


この星が
お墓になるのなら


誰がお花を手向けてくれます?
誰がお祈りしてくれますか?






星達が
空で泣く
ここがどこだか忘れるほどに


涙でおぼれて
すべての夜が
遠く
流れていくほどに


d0038841_2354051.gif
[PR]